ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

双子の真珠「ツインパール」

twin.jpg

 

双子の真珠をご存知ですか?

貝の中で二つの真珠が奇跡的に一つに結び付いたもので、ツインパールと呼ばれます。

偶然の産物ですので、とても珍しいものです。

 

このツインのベビーパール(5.5mm以下のアコヤ真珠をベビーパールと呼びます)を使って、

ジュエリーを作りました。

 

  • ペンダント

twin_pen1.jpg twin_pen2.jpg

細めのアズキチェーンを通したスルーペンダントです。

真珠は4.5mmの小ささですので、さりげなく身に着けられます。日常使いしやすいデザインです。

金具はK18ゴールド、K14ホワイトゴールドがあります。

twin_pen3.jpg twin_pen4.jpg

 

  • リング

twin_ring1.jpg twin_ring2.jpg

1mm幅の華奢な金具に4.5mmのベビーパールをつけた指輪です。

身に着けていることを忘れてしまいそうな軽さで、気軽に日常使いができます。

お手持ちのリングとの重ね着けや、ピンキーリングとしてもおススメです。

少し斜めにパールが付いているところがポイントです。

金具はK18ゴールド、K18ホワイトゴールドがあります。

twin_ring3.jpg twin_ring4.jpg

 

  • ピアス

twin_Pierce1.jpg twin_Pierce2

4.5mmのベビーパールをつけた直結タイプのピアスです。

耳にタテに着ければ雪だるま、ヨコに着ければリボンが飾られているように見えます。

金具はK18ゴールド、K14ホワイトゴールドがあります。

twin_Pierce3.jpg twin_Pierce4.jpg

 

  • イヤリング

twin_eg1.jpg twin_eg2.jpg

4.5mmのベビーパールをつけた直結タイプのイヤリングです。

金具はK18ゴールド、K14ホワイトゴールドがあります。

twin_eg3.jpg twin_eg4.jpg

 

 


全てシンプルなデザインで、4.5mmのツインパールを使っております。

キズが少なく、キレイに程よいバランスで双子になっているツインパールは本当に少なく、

厳選して製品にしております。

なかには、微妙に色の異なる2つの珠がくっついたツインもありますが、

それこそ自然の産物!一粒だけの真珠では味わえない表情です。

珍しいものが好きな方には気に入ってもらえるジュエリーなのではないかと思います(^^)

 

  • ペンダント

アコヤツインパール4.5mm K18 スルーペンダント[無調色]

アコヤツインパール4.5mm K14WG スルーペンダント[無調色]

 

  • リング

アコヤツインパール4.5mm K18 華奢リング[無調色]

アコヤツインパール4.5mm K18WG 華奢リング[無調色]

 

  • ピアス

アコヤツインパール4.5mm K18 直結ピアス[無調色]

アコヤツインパール4.5mm K14WG 直結ピアス[無調色]

 

  • イヤリング

アコヤツインパール4.5mm K18 直結イヤリング[無調色]

アコヤツインパール4.5mm K14WG 直結イヤリング[無調色]

 

 

SNSのボタンを押していただけると嬉しいです(^^)♪ ↓↓↓

シンプルで使い勝手のいいスルーペンダント

pen_1.jpg

スルーペンダントのご紹介です。

アコヤ真珠にチェーンを通しただけのとてもシンプルなデザインです。

 

シンプルなだけに、ビジネスシーンや普段使いなど、幅広いファッションに合わせていただけると思います。

 

今回3種類作りました。シンプルなペンダントですが、実はとても特徴のある真珠が使われています

 

PEN_2.jpg

まずはこちら。↑↑↑

7.5mmのパールを一粒だけ使った、本当にシンプルなもの。

7.5mmはネックレスではスタンダードなサイズです。

小さすぎず大きすぎず、多くの人が思い浮かべる真珠のサイズです。

 

PEN_3.jpg

つぎはこちら。↑↑↑

5.5mmのパールが中央に一粒。その両脇に4.0-4.5mmのパールが一粒ずつ。

5.5mm以下の小さなサイズのアコヤ真珠は「ベビーパール」と呼ばれ、

日本産アコヤ真珠全体では0.035%しか採れない希少なものです。

それゆえ、店頭で見かけるだけでもラッキーな宝石です。

 

PEN_4.jpg

最後はこちら。↑↑↑

5.5mmのパールが中央に一粒。その両サイドは4.5mm。一番端っこは4.0mm。

中央から端に向かって徐々に小さくなっている、グラデーションで配置されています。

希少なベビーパールが5つも使われいます。

 

 

このスルーペンダントには「無調色」という真珠が使われいます。

カラーはグリーンをほのかに含んだピンクです。

この「無調色」というのが、このペンダントの大きな特徴です!

PEN_5.jpg PEN_6.jpg PEN_7.jpg



アコヤ真珠の多くは「調色」が施されており、これは微量の染料を浸透させ、真珠の色を一定に揃える処理です。

真珠は生物がつくりだすものですから、ひとつとして同じものはありません。

バラツキを一定に整えるために「調色」が行われています。

このペンダントに使われている珠は、調色加工を施さなくても綺麗なものですので、あえて無調色のままにしています。

無調色真珠は強力な漂白処理などで経年変化が起こるケースがありますが、

当店ではそれを避けるために、品質のいい珠を選び、漂白処理も必要最低限しか施しておりませんので、

まさに貝が生み出した自然の美しさを、永く楽しんでいただけます。

 

 

ペンダントに使用しているチェーン(一粒、3粒タイプはあずき、5粒タイプはツイストチェーンです)は

1mmにも満たない細いものですので、真珠が一層際立って見えます。

着け心地も非常に軽いです。

他のペンダントとの重ね付けも楽しんでいただけると思います(^^)

 

 

アコヤパール7.5mm SV 一粒スルーペンダント[無調色]

アコヤパール4.0-5.5mm SV 3粒スルーペンダント[無調色]

アコヤパール4.0-5.5mm SV 5粒スルーペンダント[無調色]

 

PEN_8.jpg

 

SNSのボタンを押していただけると嬉しいです(^^)♪ ↓↓↓

個性的だけど上品。高品質なパールのオープンリング。

open_ring1.jpg

 

ちょっと珍しい、シンプルだけど個性的なデザインのリングのご紹介です!

 

こちらのリングは、キズが少なくテリが強い高品質のアコヤ真珠を使っています。

8.0~8.5mmの真珠を両サイドに2つ。

7.0~7.5mmの真珠を真ん中に1つ。

 

品質が高い真珠なので、1つだけでも十分存在感があるのに、3つも使われいて、とっても贅沢な指輪です!

open_ring2.jpg

 

金具はK18ゴールドK18ホワイトゴールドK18ピンクゴールドの3種類です。

黄金色のゴールドに、ほのかにピンクがかったパールは相性が良いです。

ホワイトゴールドに、ブルーピンクのパールは清楚な印象。

ピンクゴールドに、柔らかいピンクのパールは可愛らしい雰囲気。

 

どれもそれぞれ魅力的で、選ぶのに困ります・・・(^^;

open_ring6.jpg

 

金具の太さは約2mmで、太すぎず細すぎず、いいバランス。

指にはめてみると、大きな真珠に金具が隠れて、まるで真珠が指の上に浮かんでいるようです。

open_ring6.jpg

 

普段使いはもちろんのこと、きれいな真珠を使っているので、パーティーや結婚式で身に着けてもよさそうです。

多様なシーンで活躍できるリングです。

 

open_ring3.jpg open_ring4.jpg open_ring5.jpg

 

こちらからどうぞ♪(^^)

アコヤパール7.0-8.5mm K18 オープンリング 【ゴールド】

アコヤパール7.0-8.5mm K18WG オープンリング 【ホワイトゴールド】

アコヤパール7.0-8.5mm K18PG オープンリング 【ピンクゴールド】

 

 

 

数量限定!希少なパールを使ったアンクレット

この度、HPをリニューアルいたしました!

徐々に商品をUPしていく予定です♪

ご意見、リクエストがございましたら、ぜひメッセージをお寄せくださいね。

新しいHPでもどうぞよろしくお願いします。

 

 

さて、リニューアル一発目にご紹介するのはアンクレット

anklet.jpg

 

左から・・・ターコイズを使った〈翔〉、コーラル(珊瑚)を使った〈アイカ〉、ホワイトオニキスを使った〈ヒマリ〉です。

 

このアンクレットには7つの真珠が入っていますが、とても希少性の高い真珠となっております。

どんな真珠かと言いますと・・・

  • 4.0mmのベビーパール
  • バロックという不規則に変形している形 ⇒ 二つと同じ形はありません。どちらかというとカジュアルな印象になります。
  • ほのかに青みがかった色 ⇒ 着色ではなく天然の色です。
  • マキ(真珠層の厚み)は1.5mm以上とかなり厚く、テリも良い ⇒ 小さいながらも存在感があります。永く美しい輝きを楽しんでいただけます

 

anklet2.jpg

 

真珠の左右にはロンデルがあり、ジルコニアがキラキラと綺麗です。

 

anklet_turquoise.jpg

ターコイズは強めのスカイブルーで、夏は映えますね。

直径2mmの小さな石ですが、この繊細な雰囲気が上品さも醸し出しています。

白い石はホワイトオニキスで、爽やかさを添えています。

 

anklet_coral.jpg

コーラルはサーモンピンクのような、優しいピンクです。

一粒一粒の石の中で、赤からピンクへのグラデーションが見えます。直径は2.5mm。

こちらの白い石もホワイトオニキスです。

珊瑚と真珠、海の中の天然の宝石でできたアンクレットです。

 

anklet_WhiteOnyx.jpg

ホワイトオニキスは細かくカットが入っており、光の加減でキラキラと反射します。

直径は3mmで、同じ径のロンデルはゴールド色で、クラシカルな雰囲気です。

真珠のほのかな青(グレー)が、一層クラシカル感を増しています。

 

3種類、どれも細めのシルエットなので、他のアンクレットとの重ねづけもよさそうです。

 

anklet_end.jpg

留め金具はカニカンで、チェーンにひっかけるようになっています。

チェーンは約6cmあり、お好きな長さに調整できます。

男女問わずご愛用いただけます。

 

 

こちらのアンクレット、おひとつ¥9,720(税込)で、会員登録していただけますと¥7,776(税込)でご購入いただけます。

各種限定2つです!! お早目に~!!

 

販売ページはこちら

anklet_3.jpg

真珠のお手入れ方法

真珠を美しいまま永くご愛用いただくためには、お手入れは大切です。

 

真珠のお取り扱い

真珠の主成分は、炭酸カルシウムです。酸・アルカリ・熱などに弱いので以下の点に気を付けましょう。

汗などの酸に注意しましょう

汗、香水、化粧品、果汁、酢、洗剤、薬品など酸の付着で真珠層が溶ける恐れがあります。

真珠を身に着けるのは、メイクアップやヘアセットの後にしましょう。

お料理やお掃除の際は、できるだけ真珠を外すようにしましょう。

温泉も注意しましょう。

 

衝撃や摩擦に注意しましょう

硬いものや他の宝石と擦れ合うと、傷が付く可能性があります。

真珠のモース硬度は3.5~4.5度です。(ダイヤモンドは10度。ルビー・サファイアは9度。水晶は7度)

鉱物の中ではかなり柔らかいため、金属や他の宝石ど擦れ合わないようにしましょう。

 

直射日光長時間浴びないようにしましょう

紫外線や急激な温度変化は、変色やひび割れの原因になることがあります。

 

 

真珠のお手入れ・保管

お手入れの基本は「拭く」!

使用後は柔らかい布(セーム革やメガネ拭き等)で汗やほこりをふきとってください。

拭いてからしまう」を習慣づけられるといいですね。

 

ひどい汚れは水洗いをする

夏の汗や酸性の強いものが付着したときは、下記のお手入れをしてください。

  1. きれいな水やぬるま湯ですすぐ
  2. 柔らかい布で水気をしっかり拭き取る
  3. 自然乾燥させてから、しまう

※しつこい汚れは綿棒や柔らかい歯ブラシなどに中性洗剤を少量つけて、優しくブラッシングしてください。

水の中に漬け置きはしないようにしましょう。

※濡れたままにすると、水分が酸性に変化し、真珠を傷める可能性があります。しっかり乾燥させましょう。

ネックレスの場合は、水洗いをすると、糸が乾かず切れやすくなることがあります。固く絞った布で水拭きをし、乾いた柔らかい布で乾拭きをしましょう。

 

保管は乾燥・湿気・光を避けましょう

極端な乾燥や湿気は、真珠の水分を奪ったり膨張させたりして、ひび割れを起こす可能性があります。

紫外線は真珠層を変質させ、変色・退色を引き起こす可能性があります。保管の際は、日光や蛍光灯などの光を避けましょう。

また、脱脂綿は漂白作用があるので、包むのは避けてください

防虫剤などの薬品の使用も避けてください

 

 

定期メンテナンス

洗浄磨きネックレスの糸替えなど、1~2年に一度、専門店へメンテナンスに出すことで、美しい真珠をより長い期間楽しむことができます。

お手持ちの真珠製品の修理やリフォームについても、承りますので、お気軽にお問合せください。

 

 

ファッションにおいてのジュエリーの役割

おしゃれで楽しい毎日を演出するアイテムとして、当サイトの国産パール(日本産)ジュエリーは人気を集めています。コーディネートに大切なのは一枚一枚の洋服たちですが、靴やネイル、ヘアスタイル、アクセサリーなどの小物類も重要な役割を果たしてくれるでしょう。

アクセントをつけることができる

お気に入りの洋服に身を包んでも、「どこか寂しげだ」「何かパッとしないなぁ」と感じる時ってありませんか?おしゃれは引き算が大事とよく言いますが、Tシャツにジーパンといった定番のシンプルな装いに飽きてしまったという方は、ワンポイントにジュエリーを加えてみてはいかがでしょう。

国産パール(真珠)なら、輝きや華やかさがプラスされ、土台となるコーデをより一層引き立ててくれるに違いありません。

コーディネートのバリエーションアップ

ネックレス・ピアス・ブレスレットのデザインを変えるだけで、いつもの着回しでも違う服を着ているような雰囲気になります。ネックレスを2連ブレスのように腕に巻きつけたり、ピアスを帽子のハットピン代わりに使ったりと、本来の使い方とは違う活用を楽しむことでおしゃれの幅もグンと広がっていきます。

季節感の演出

クリアな素材やターコイズカラーは涼しげな夏を連想させますし、スノーモチーフやベロア素材は冬コーデの演出に最適です。当サイトが提供している高級パールは、素肌にも服の上からも合わせることができ、オールシーズン恋しくなるジュエリーです。

年中使えるパールですから、流行に左右されることなく定番に愛用できる、と幅広い年代の方から支持されています。使い回しがきいて経済的な負担も減り、ファッションを楽しみながら節約も叶えてくれる、まさに一石二鳥の重宝アイテムといえるかもしれません。

スタイルを綺麗に見せる

スタイルに関するコンプレックスは誰しも抱えているものですが、実はジュエリーのつけ方次第では、気になる欠点をカバーすることができます。美脚効果のあるアンクレット、腕を華奢にみせるブレスレット、小胸をボリューミーに演出するネックレスなど、目線を誘導させることでメリハリのきいた美シルエットが生まれてきます。

このようにジュエリーには、女性にとって嬉しい効果をたくさん秘めています。ファッションを楽しむなら、ぜひ当サイトの高級国産パールをご愛用ください。シンプルながら光をしっかり反射して、肌の色もワントーンアップさせてくれるでしょう。

真珠にまつわるちょっと素敵なお話

私たち人間と真珠は太古の時代から深い関係にあります。

優しい丸みや神秘的な輝きで人々の心を魅了し、数々の伝説を残してきました。

そんな素敵な真珠のことがもっと好きになる、心あたたまるストーリーをいくつかご紹介します。

 

古代エジプトを代表する世界三大美女の一人「クレオパトラ」はその昔、自身の美と富を誇示するために酢に真珠をつけて飲んでいた、といわれています。

また中国の楊貴妃や西太后も、真珠粉を愛飲するだけでなくクリームやお風呂に混ぜて使っていた、という説が残っています。

他にも、秦の始皇帝が不老長寿の薬として探し求めたとか、ペルシャやインドの太守たちが王冠を見事な真珠で飾り立てたとか、真珠にまつわるエピソードは頻繁に出て参ります。

 

そんな昔から存在し重宝されてきた真珠は、外国のみでなく我が国においても「万葉集」「古事記」「日本書記」などの歴史ある書物に度々登場してきます。

「万葉集」に詠まれている歌の一つにこのような歌がございます。

『伊勢の海のあまの島津が あはび玉とりての後もか 恋のしげけむ』

 

これは、『伊勢の海でとれた真珠玉は、手に入れた後も恋しく思うものである』と直訳され、アワビの真珠を女性に例えて、『恋が実ってからも恋しく思う気持ちが変わらない』という想いが込められているといいます。

この時代から真珠は「鰒玉(あわびだま)」「あこや」「しらたま」との呼び名で、美の象徴と崇められてきました。

 

内外を問わずに多くの人を魅了してきた真珠は、昔も今もその存在感を失うことなく輝き続けています。

権力者や絶世の美女たちが真珠の世界に魅力を感じてきたように、あなた自身もぜひ大人の女性として、内なる美を呼び覚ますため、輝く宝石に包まれた毎日をスタートさせてみてはいかがでしょう。

 

真珠専門店をお探しなら当サイトをお選びください。ネックレスピアス・ブレスレット・指輪などの真珠アクセサリーを豊富に揃えました。オーダーメイドも承っております。オーダーメイド一点ものとしてお作りいたしますので、ご自身へのご褒美に、あるいは大切な方へのギフトにも大活躍すること間違いないでしょう。

アクセサリーの歴史

その日の気分やコーディネートに合わせて楽しむアクセサリーですが、そもそも、どういったいきさつで人はネックレスやブレスレットを身につけるようになったのでしょうか?そこでこちらでは、昔と今のジュエリーに関する意識の違いについて紐解いていきます。

アクセサリーの「昔」

アクセサリーは元々、外敵から身を守ったり、過酷な自然から感じる恐怖や不安を取り除くための護符だったりと、呪術的な意味合いを持つものとして始まりました。

例えば耳飾りなんかは、「体にある穴からは悪魔が入り込んでくる」と信じられており、耳の入り口に飾りを施すことで悪魔の侵入を防げるという風習がありましたし、首飾りに関しても、狩猟採集の時代に倒した獲物の牙や骨を首にぶら下げ、「強敵を倒したぞ」という証を自慢したり、「次はもっと獲れますように」と願掛けのような目的で使用していた、との記録もあります。

やがて支配者階級が出現すると、ステータスや権力の象徴として男性が身につけるようになり、また18世紀を迎える頃には美しさを求める装飾品へと発展してきました。

時代を経るに従い、社会も豊かになって一般の人々にとっても身近な存在へと変わり、「お守り」や「権力の象徴」というよりも、ファッション性としての意味合いがより強くなってきたようです。

アクセサリーの「今」

ファッション性に富んだデザインが多く登場していることからも分かるように、現在ではおしゃれ感覚で身につけることが一般的となりました。ファッション全体のメイン的役割とまではいきませんが、それでも主役となる洋服にちょっとしたスパイスを与え、そのモノの個性を引き立たせるパワーを秘めています。

メインにそっと寄り添って魅力を倍増させてくれるもの、料理に例えれば調味料のような存在かもしれません。「縁の下の力持ち」として、コーディネートの締めにぜひ効果的に使っていきたいものです。もちろん現在でも、昔のような「お守り」的意味合いが消えてしまったわけではありません。

天然石をあしらったアクセサリーは、良い「気」や「エネルギー」を呼び寄せる究極の風水グッズとして知られ、愛用者も結構な数いらっしゃいます。おしゃれアップや運気アップへの期待が、現在のアクセサリーが人気を集める最大の理由と考えられるでしょう。

真珠専門店(ベビーパール専門店)の当サイトでは、おしゃれを楽しみながら運気アップにも効果的な真珠のジュエリーを販売しております。

三重県伊勢志摩に本社を構えるパール専門店ではありますが、通販からのご注文、オーダーメイドのご依頼も承っております。パール専門店ならではの安心価格と高品質さで、お客様に納得いただける商品をご用意しております。

真珠の美しさを失わないために

当サイトは、伊勢志摩に本社を構える真珠売りサイトです。真珠のネックレスピアス・ブレスレットたちは、そのどれもが気品溢れるジュエリーですから、購入時のことを思い出して大切に扱っていきたいものです。

伊勢志摩で作られる希少な白蝶真珠・黒蝶真珠・アコヤ真珠を長く愛用し続けるためにも、基本的なケアのポイントをおさえておきましょう。

真珠はとっても繊細

真珠は主に炭酸カルシウムで構成されており、酸・アルカリ・熱を嫌います。そのため、長期間の使用で汗や皮脂、化粧品などに含まれる酸類が表面に付着すると炭酸カルシウムが溶け出し、徐々に輝きを失っていきます。

また、ダイヤモンドとは異なり硬度の低い石なので、ぶつけたり擦りつけたりするとキズがつきやすい傾向にあります。何よりもデリケートな宝石であることを理解しておいてください。

普段のお手入れ

● 着用後は必ず拭き取る

清潔な柔らかい布で、付着した汗・皮脂・化粧品の油分を優しく拭き取りましょう。メガネ拭きなどに用いられるポリエステルやナイロン製の布は、吸水性と吸油性に優れている上、汚れたら洗濯して繰り返し使えるので、真珠のケアには最適です。

● ひどい汚れには水洗いを

綺麗な真水やぬるま湯ですすぎ、柔らかい布でしっかりと水気をとりましょう。
頑固な汚れには綿棒や歯ブラシなどのブラッシングで対応します。洗浄後はよく拭いて乾燥させることを忘れてはいけません。

保管場所の注意点

● 湿気の多い場所は避けてください

湿度過多な環境で長期間放置すると、真珠の表面が結露しやすく、「ボケ」と呼ばれるツヤを失った真珠になることがあります。風通しの良い、涼しい場所に保管しましょう。

● 気温の変化が激しい場所も適していません

温度の落差が激しいと、真珠は収縮したり膨張したりしてひび割れを起こしてしまいます。直射日光の当たる場所や外気が直接入り込む場所(窓周辺や玄関)を避け、空気に触れないようジップロックなどで個別にしまってください。

きらびやかで上品な宝石ではありますが、繊細な一面も持ち合わせている真珠。ずっと愛用し続けるためにも、適切な保管方法できちんと保管するようにしましょう。

贈り物に真珠のジュエリーを

旦那様から奥様へ、彼氏から彼女へ、ご両親から娘へ、子から母親へ、大切な女性への贈り物選びはなかなか迷うものです。相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら「何を渡そうかな?」と頭を抱える男性のみなさん、今回はぜひ、華やかな輝きのベビーパールをお届けしてみてはいかがでしょうか?

ベビーパールの魅力

当サイトでは、優しく輝くベビーパール(ミニサイズの真珠)のネックレス・ブレスレット・ピアス通販にてお届けしています。美の象徴とされる真円の真珠は、一生モノとしてそのきらびやかな美しさを保ち続けます。

欧米では18歳になったお祝いに両親から贈られ、また日本でもご両親から娘へ贈る機会が最も多い宝石だといわれています。落ち着いた装いからカジュアルなスタイリングまで、また若い世代からご年配の方まで多くの方に似合いやすい素材であり、身につけた人の品格や美しさを引き出してくれる、そんな魅力溢れるアイテムなのです。

ジュエリーが人気を集めている理由

普段から身につけられるという点、また、贈ってくれた相手を身近に感じられるという点から贈り物として人気を博しているのがジュエリーです。使っている間は、遠く離れていても常に相手と繋がっているような気分になり、ロマンや癒しを感じずにはいられません。

また、装着するだけで女性としての魅力は格段にアップします。こなれたおしゃれ感も演出できますし、美肌効果や体型カバーの役目も担い、私たちが女性であることを楽しませてくれるでしょう。

高級品やオーダーメイドのような凝ったデザインは、日頃自分ではなかなか買わないけれど、実際に人から貰ったら嬉しい、そしていくつあっても困らないと思える究極の贈り物といえるかもしれません。

渡し方にもちょっとした工夫を

気持ちを込めて選んだプレゼント。せっかくですから、とっておきのサプライズ演出を加えてみませんか?特別な雰囲気の中でお渡しすることは、一生忘れられない思い出として心に刻まれるものです。

雰囲気のあるレストランでの食事終盤に店員さんが持ってきてくれたり、車のトランクに隠し持ってドライブデート中にさりげなく渡したり、お泊りした翌日の朝に枕元を見るとプレゼントが・・・なんて「不意打ち」のシチュエーションに女性は弱いものです。

当日双方の都合が合わなかったり、また遠距離恋愛中で手渡しが物理的に無理な場合は、宅配便で相手の自宅まで届くように手配しておくと素敵かもしれません。プレゼントと一緒に手紙を添えると、感動や喜びもまたひとしおでしょう。